リバウンドしない片づけ方とその『ベースのとこ』 | こんまり流 片コンハンナ 大阪

ママのための片づけレッスン【ハンナリ】の片コンハンナです

今回は、私がお伝えしたい

片づいた家のベースの「考え方」
「リバウンドしない片づけ方」をご紹介します。

まず、「モノがあふれる」「すぐに散らかる」というのは
モノの量が多いことに他なりません。

が、

必要な量、必要な種類というのは人によって違うので
そこは、ある程度、仕方のないことなのです。

では、何ができるか、というと

せめて、【分ける】です。

 

モノの収納場所を決めなおす

例えば、ドラッグストアに行くと、
いろんな種類のモノを買いますよね

食品もあれば、薬や、衛生用品も。

そして、家が片づいていない場合
【買ったはずなのに出てこない事件】が多発します。

 

何と言っても、片づいた家を保つ方法は
 モノ達にそれぞれの収納場所に帰ってもらうことです

 

➀「カテゴリー」というモノの仲間に気づけるか

今、家を見渡して。。
自分の理想とするお部屋より散らかっている

または
ちゃんと場所を決めてるのにもう、溢れていて
「片づけても、納得のいかない姿」
という場合

今の収納場所(定位置)に無理があるということが考えられます。

 

私のなかではこんなイメージです。

こんまり流片づけレッスン片コンハンナ

 

⇧こんな感じかと思うので
⇩こんな感じの解決策はいかがでしょうか。

こんまり流片づけレッスン片コンハンナ

 

例えば。。
__________
【緑】趣味のモノが、クラフト雑貨としましょう。
〈布の端切れ・道具・ボタンなど〉

「そんな、あちこちにはない」と思われますか?
『入らなくなったGパンだけど、布としては使うかも』
『ボタンだけとって、裁縫道具に入れる』
それらが、まだ自分のタンスの中に入っていたりしませんか?

__________

【青】イベント用品とは『特定の時』しか使わないモノです。
〈クリスマスグッズ・保冷バッグ・スポーツ用品など〉

ハロウィングッズをあちこちに置きっぱなしにする
ということはないかもしれませんが

趣味のスポーツをするのに、
あちこちから用品を集めて準備しなければいけない
ようなこともあります。

年に幾度かしか使わない大きめの保冷バッグや
お弁当箱が手狭なキッチンに置かれていませんか?

_________

【ピンク】服タオルなど布モノ、大量のハンカチタオルも。

「持ちあるくタオル」なのか
「キッチン用」なのか、「雑巾用」なのか、「スポーツ用」なのか
一度しっかり決め切って、用途で分けると、
『リビングには置かなくていい』
『キッチン用は3枚あればいい』など、
生活圏から逃げてくれることがあります。

__________

【黄色】文房具など小物は使いやすい場所に。

「2階のココ。引き出しの右上。」のようにしっかり場所を確保して
『そこに行けば必ずある。』という収納場所に決めなおします。

____________

なんとなく おわかりいただけますかね。

今まで「同じカテゴリー」仲間だと
気づいていなかったモノたちを集結させることで
暮らしが簡単になります。

こんまり流片づけレッスン片コンハンナ

  ⇩  使いたいモノだけを残すことも忘れずに(^^) 

こんまり流片づけレッスン片コンハンナ

そして、ここからが、私がお伝えしたい
「リバウンドしない片づけ方」です。長っ!

②一定量を守るため「暮らしのデパート」をつくる

買いものや、突然の頂き物で、
ストック、予備の量は変わってしまいます。

その度に溢れてきたり、
どこか適当な場所に置いてしまうことで
さきに述べましたが、(入らないから仕方ないんですが。)
【買ったはずなのに出てこない事件】が起こります。

なので!!
最良な状態、最良な量を一度決め切ります。

いつ開けても同じ状態 を作ります。

こんまり流片づけレッスン片コンハンナキッチン

この引き出しの中身は、多少、増えたり減ったりするものの

買いすぎたモノを

ここに足したりは

しません

この最良な状態を超えてしまうモノは
早々に【暮らしのデパート】へ移動します

 

こちら暮らしのデパート 1例です。

こんまり流片づけレッスン片コンハンナ

洋服ダンスの一段でも
3段ボックスでも
階段下の空間でも構いません(#^^#)

下の写真のように
あたらしくストックの収納場所
「暮らしのデパート」を作ってしまいます。

こんまり流片づけレッスン片コンハンナ

収納家具を買わなくても、
衣類、本、書類、と進めてくると
これくらいのスペースはあいてきます。

関連記事
片づけが終わらないのは順番に問題が

 

暮らしのデパートに収納するモノは?

「暮らしのデパート」に収納するモノは

6個入りで買ったスポンジの予備
2個入りの100本入りの綿棒の予備
お徳用2個セットのキッチンラップの予備
蚊取マットの予備
電球の予備

多すぎるメモ帳
多すぎるボールペン
多すぎるストロー

も OKです。

この『暮らしのデパート』の決まりごとはひとつ。

「私のことだからここに入れてる!」
 言い切れるほど一か所にすることです。

ここになければ、もうどこにもない!という
信用の場所を作ります。

※〈食品はここ〉〈文房具の予備はこの引き出し〉
 〈洗剤など衛生用品はこの棚〉など、
 カテゴリーに分かれているなら一か所でなくてもOK!

この『暮らしのデパート』のおかげで
生活圏はいつも同じ量。
溢れることはなく、リバウンドしなくなります。

 

リバウンドしない片づけのまとめ

片づけは
モノを捨てる、残すモノを見極めるところから
始まりますが、残すモノが決まったら

「暮らしのデパート」という信用の場所を作って
生活圏はジタバタさせない!

です。

快適な毎日の一助となれば幸いです☆彡

 

 

こんまり流片づけレッスン片コンハンナ

Follow me!

関連記事

  1. 片コンハンナ こんまり流片づけレッスン感想
  2. 片づけレッスンハンナリ
  3. こんまり流片づけレッスン片コンハンナ
  4. 片づけお茶会 レッスンハンナリ
  5. こんまり流片づけレッスン片コンハンナ

コメント

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。