自分を責めない「捨てる」の本質  カタコンハンナ

こんまり流片づけコンサルタントハンナです。

モノを捨てる時、
罪悪感を覚えるという方も
少なくないと思います。

ですが、この、
自分を責めたくなる気持ち

いりません!
キッパリ!

モノを捨てる時に
思い出してほしい言葉は

「今までありがとう!」です。

自分を責めない「捨てる」の本質

訪問で片づけレッスンに伺うと
沢山のゴミ袋を前に

「こんなにいらないモノに
   囲まれてなんて。。」

と、ため息交じりの声が聞かれます。

ですが

「持っていた」ということは

ないと不安だった時期があった
捨てたくない時があった

という自分発見です。

がっかり肩を落とす事ではなく

一歩前へ進んだことの証です。

捨てるモノは「いらないモノ」ではない

なぜモノを持つかというと
自分や家族の毎日を
豊かにするためです。

片づけ整理収納カタコンハンナ

情報として必要なモノや
機能として必要なモノ

心を支えてくれる思い出品のように
「使う」わけではないけれど
持っていたいモノなど

様々な理由で
そこに「ある」わけです。

ですので、

自分や家族の毎日を
豊かにしてくれる

というお役目を終えた時

お別れすることになります。

片づけ捨てられないこんまり流
入らなくなったスカートも

出番のなかったアイデアグッズも

使わなくなったホームベーカリーも

捨てないことで
心が支えられていた

という事です。

「今まで、心を支えてくれて
  ありがとうございました。」

「今まで、一緒にいてくれて
  ありがとうございました。」

こう感謝し
  お別れする儀式。

手放したモノ達からも
「お幸せになってね」と
 声が聞こえてくるかのようです。

 

もうあなたがいなくても
幸せに生きていけます!
大丈夫です!

ありがとうございました!

これでOKです!

捨てる時は、
罪悪感を覚えるのではなく

感謝の気持ちで満たして欲しい
というお話でした。

 

皆様の快適な毎日を応援しています☆彡

 

◆自己紹介◆

こんまり流片づけハンナ

 

◆こんまり流片づけ個人レッスン◆

こんまりメソッド大阪片づけレッスン片コンハンナリ

 

▶毎週金曜20時更新
ハンナリLINEアカウント

こんまりメソッド大阪片づけレッスン片コンハンナリ

 

LINEアカウント過去記事集
ご登録なしでお読みいただけます

ハンナリInstagram

▶こんまりメディア公式Lineアカウント
夫婦で片づけ企画「仕事場所の片づけ」石丸夫婦

 

Follow me!

関連記事

  1. こんまり流片づけハンナリ
  2. こんまり流片づけハンナリ大阪
  3. 片づけレッスンハンナリ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。