小引き出し 片コンハンナ

綺麗な小引き出し収納の作り方|こんまり流片づけコンサルタントハンナ

ママのための片づけレッスン【ハンナリ】のハンナです


※去年、駆け込みレッスンがあったことを思い出し
今年のゴールデンウィーク中も

片づけレッスンのご依頼をお受けしようと思います

ご検討される方はご一報ください☆彡
お問合せフォーム


 

今日の訪問片づけ個人レッスンは 小物の片づけだったので

少々収納のお話を。

文具 片づけ 片コンハンナ

 

小引き出しの片づけ方

引き出しの中は文房具や薬系などが
バラバラっと入っている状態のこともあるかと思うのですが

空き箱を使うことでかなり
使いやすく、戻しやすくなります

わかってはいるけれど 
続かない すぐ、ぐちゃぐちゃになるという場合

予備のモノの混在
キーホルダーなど用途があいまいなモノの混在
量が多い
仕切りにあってない

カテゴリーに分かれていない

等々、こんなところではないかと思います。

今日の生徒さんの完成形から
どのように進めて、どのように仕切っていくかを
解説してみます

 

小引き出し小物~文房具~

用途別に残すモノを決めていきます
セオリーどおり
ときめくモノを残します
使えるではなく、
これからも使いたいモノを残します

➀書くモノ 
シャーペン、色ペン、鉛筆、ボールペンなど

それぞれ一か所に集めて書けるか確かめながら
残したいモノを選んでいきます

「これだけあればいい」っという本数で決めてもいいですし
書けるボールペンを捨てるのは忍びない場合、
「この引き出しには3本、後は予備」というふうに
収める場所を分けることもあります

今日の生徒さんは
「会社用に持っていく」という文房具もいくつかありました

残すモノ、量は決まりましたが
まだ収納はしません

 

②道具系
定規、はさみ、テープ、カッターなど

ハサミは用途が違う場合、別の仕切りに入れることもあります
カッターも大きすぎるモノは工具箱が仲間、と気づくこともあります
ドライバーもそうですね
小さいモノは文房具、大きいモノは工具箱などなど
暮らしに合ったかたちでカテゴリーに分けていきます

残すモノ、量は決まりましたが
まだ収納はしません

 

③書かれるモノ
メモ、フセンなどノートは小引き出しで なくてもいいのかな)

メモ帳は結構多くお持ちの方が多いですね
「これを使い切ったら、次はこれをつかおう」

日々の暮らしを思い返しながら
日常使いと予備を分けます

サイズ別に要るならサイズ別で
どれくらいが、この、
超いい場所にふさわしい量なのか考えていきます

残すモノ、量は決まりましたが
まだ収納はしません

 

小引き出し小物~衛生用品~

「薬」と一緒に、「化粧品」寄りのモノと一緒に
「ケアグッズ(ホッカイロやハンドクリームなど)」と一緒に収める方もおられます

➀道具系
爪切り、ピンセット、体温計など

使っても減らないモノ達ですね
数が多い場合好きなモノを選んで
必要数以上は手放すことが多いです

②消耗系
絆創膏、綿棒、パフなど

綿棒やパフは予備のモノをお持ちの方は
別の場所で管理することが多いです

残すモノ、量は決まりましたが
まだ収納はしません

 

残すモノが全て決まってから収納

入れたいモノが決まったら
ここからやっと収納できます!

量もわからない間に
仕切りを用意することも できませんから!

文章難しいので図解にします(#^^#)

小引き出し小物~収納編➀~

片コンハンナ 小引き出し収納

 

小引き出し小物~収納編②~

 

このように
1つのカテゴリーを入れられる箱たちを
もう、「あーでもない こーでもない」と言いながら
パズルのようにパコッと はめていきます

 

小引き出し収納まとめ

使いやすい場所にあることが多い小引き出し。

ここにぜひあってほしいモノから優先的に
入れられるといいですね

量が多いと管理が大変なので
時間も神経も使います

ときめくモノをときめく量だけ残せたら

「今までありがとうございました」

っと感謝の気持ちを込めて手放していきます

 

残すモノが決まれば
後は空き箱を使って
立てらてるモノは立てて収納していきます

あまり低すぎない箱の方が雪崩なくていいかと思います。

 

何かご質問ありましたら何なりと☆彡
皆様の快適な毎日を応援しています。

 

こんまり流片づけレッスン片コンハンナ

 

Follow me!

関連記事

  1. ハンナリ グループトーク 期間限定
  2. 片づけレッスンハンナリキッチン
  3. 子育てこんまり流片付けレッスン片コンハンナ
  4. 片づけお茶会 レッスンハンナリ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。