子育てママパパが〈思い出品〉を片づける時の3つのポイント

子育てママに時間をあげたい!
こんまり流片づけコンサルタント ハンナです。

片づけのご質問で、特に多いのは思い出品についてです。

思い出品は大きく3つに分けることができます。

①親の代からの思い出品
②自分の幼少期からの思い出品
③お子様が産まれてからの思い出品

今回は③、お子様が産まれてからの思い出品について。

 

写真、手紙、作品、賞状、記念品、小さなメッセージカードに色紙、へその緒、手形等々。

時にはハンカチだって、本だって、思い出品になります。

片づけの手順を3つ書き記します。
皆様の思い出品の片づけのご参考になれば幸いです。

 

①誰の持ち物かを決める

 

「残すとしたら、誰が、管理するのか」一つひとつ、決めていきます。

例えば、お子様の通知表。

お子さま本人が、欲しいと言ったら、お子さんの管理でよいですし、いらないと言ったら、親御さん管理になります。

思い出品の片づけハンナリ

そこで、親御さんもいらなければ、手放してよいですし、残したいと思う場合は、

お子様ではなく、親御さんが管理します。

 

 

②残すモノを厳選する

自分や家族のこれからの毎日に、なくてはならない、ぜひ持っておきたいモノだけに厳選します。

あってもなくても「どちらでもいいモノは持たない」と決めることで、大切にしたいモノだけが残り、自分の判断に自信が持てるようになります。

 

子ども思い出品の片づけハンナリ

 

思い出品は「使う」モノでない場合が多いです。

思い出品のお役目は〈情緒的価値〉。
飾ったり、眺めたり、心にどう響くかです。

 

子ども思い出品片づけハンナリ

 

そのモノが家族と一緒にいてくれることで

ワクワクする
元気がでる
笑っちゃう
感謝の気持ちがわいてくる

私、愛されてきたなぁ~と心が温まる

心からそう思えるモノだけを残していただきたいと思います。

 

③目的にあった収め方を考える

 

「なぜ、その思い出品を残したのか」

残した目的を考えると、「一生見ない!」ということでは、なさそうです。

 

やはり、いつの日か、「見返したい」のではないでしょうか?

 

では「どんな時に見返したい」ですか?

それは「誰と一緒に見返したい」ですか?

 

正解はありません。

「自分は、この時間を楽しむために、思い出品を整理したんだよな」と思えるような、収め方が理想です。

この理想が叶うように☆彡
残すモノを決め、残したモノの収め方を決めます。

 

お子さまの思い出品の片づけまとめ

思い出品の片づけハンナリ

①誰の持ちモノか決める

②残すモノを厳選する

③目的にあった収め方を考える

 

お子様のお写真や思い出品が、厳選され、まとめられ、いつでも手の届くところにあると、お子さま、みずから手にとる機会がふえます。

 

学校でちょっとうまくいかなかった時、

思わず兄弟げんかしてしまった時、

さみしい時、

自信を無くしてしまいそうな時、

 

小さいお兄ちゃんが、小さい自分を抱っこしてくれていたり、毎日一緒に遊んでいた、お友達がいたことを思い出したり。

 

にっこりママに抱っこされている自分を見返すことができます。

 

このことは、

さみしい心を

自信を無くしてしまいそうな心を

元気にしてくれると思います。

 

「そうだ、愛されてるんだ」

 

この安心感をくれるアルバムは、子どもたちにとっても大切なモノになると思います☆彡

 

どんな未来のために
どんな写真を
どんなふうに収めるのか。

まずは、理想の思い出品の在り方を考えることがとっても大切です。

皆様の快適な毎日の
一助となれば幸いです。

 

 

 

こんまり流片づけハンナリInstagram

 

お問い合わせ・24時間受付中

 

Follow me!

関連記事

  1. 子どもが片づけてくれないハンナリ
  2. こんまり流片づけレッスン片コンハンナ
  3. ビンテージな町工場カフェサクエバ ハンナリ
  4. 写真整理思い出品の片づけ子育てハンナリ
  5. 子育ておもちゃの片付けハンナリ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。