ママのための片づけレッスン ハンナリ

〜片づけは未来の準備!家事に育児にお仕事に毎日頑張るママへ〜

片付けレッスン

難しいようで簡単!小物はこうして片づける。 | こんまり流片コンハンナ 大阪

投稿日:

ママのための片づけレッスン【ハンナリ】の片コンハンナです

連休明けは5回目の片づけ個人レッスン の
ママさんのお宅へ行ってきます。

これまで、衣類、本、書類 と進めまして
小物の片づけに入っております。

 

小物の片づけは、できるところまですすめればOK!

衣類だけ片づけると決めて、衣類だけを片づけて

関連過去ブログ
『片づけレッスン実践レポ~衣類~』

 

 

 

本の片づけ書類の片づけ と、しっかり分けて進めていき

こんまり流片づけレッスン片コンハンナ
関連過去ブログ
『収納やアイデアでは解決しない~本・書類①~』

 

こんまり流片づけレッスン片コンハンナ

関連過去ブログ
『収納やアイデアでは解決しない~本・書類②~』

 

 

そして、雑貨 いわゆる小物に入ります。

キッチン小物は量も種類も多く難しいので基本、後回し
収納の方法や、
残すモノを見極める練習を積んだ
最後がおススメです。

※一人暮らしの方は全部自分のモノなので
 あんま順番を気にしなくてOKです!

 

小物はザっと。

・DVD ・CD ・裁縫道具 ・文房具 ・工具 ・衛生用品 ・薬類
・趣味のモノ ・ヘアケア用品 ・スキンケア用品 ・化粧品 ・アクセサリー
・玄関マット ・トイレのスリッパ ・アウトドアグッズ ・キッチン小物
・洗濯用品 ・掃除用具 ・電気小物 ・寝具 ・防災用品 ・カーペット
・扇風機 ・エプロン ・ポイントカード ・キーホルダー。。。。。

そうです。目に見えるモノ全て小物です。

 

簡単ですが、時間はかかります。

そりゃそうです。
仮に、10年ほど暮らしたモノが
なんとなくたまってしまったとしたら
それを、1日の休み で何とかしようというのは

無理難題ではないでしょうか?

言い換えると
3600日、野生で暮らしてきたモノ達を
保護区に移して育てるようなもんです。
それも1日で!   。。。よけいわからん。。

時間はかかりますよ!
覚悟をいただいたところで
すすめ方に入ります(#^^#)

 

【カテゴリー別】に片づけないと一生終わらない

訪問レッスンなので
沢山のお宅の引き出しをみせていただいています。

私はよく「この場所で完結している」という表現使います。

中でゴチャっとなっていようが
他の場所に同じ仲間(同じカテゴリー)のモノはない。

つまり、仲間が減ることはあっても
増えることはないので
他の場所に迷惑をかけないカテゴリー。

ということで、これは良いことです。

 

代表はバカみたいですけど、冷蔵庫。

「ここにしかない!」
っと言い切れるこの環境は、
家の片づけにおいて理想です。

当たり前ですが。。

プリントを探していて、
冷蔵庫を開けることはありませんし、

お豆腐を探しにクローゼットをあさらなくて済むのです。

素晴らしい!

 

 

逆に、いろんな場所からホロホロ出てくる
どこに何個あるかわからないカテゴリーあるあるは

電気のコード SDカード USB など電気小物
化粧品のサンプルやセットで包装されたままの美容用品
DM、写真、手紙など紙系 

 

例えばこの写真、これらが全部入っていそうです。

こんまり流片づけレッスン片コンハンナ

 

これを、時折、全部出して、整えて使いやすく戻す。

私も、そうして片づけてきました。
そしてすぐまた元通りになっていました。が、
もう過去形です。

 

カテゴリーごとに確実に制覇していく!

はじめに記載しました小物たちいろいろ。

チェックボックスをチェックするように
「良し!終わり!次は!」っと進めていくしかないのです。

実際の進め方は
⇨カテゴリー別に一か所に集める

こんまり流片づけレッスン片コンハンナ

 

⇨これからも使いたいモノだけ、ときめくモノだけ残す

⇨分散させずに収める

こんまり流片づけレッスン片コンハンナ

 

カテゴリー別に制覇していくことで
完結した場所を作っていくことができる。

「文具しか入れてないのだから

 ここに美容液があるはずがない!」

こう断言できる場所ばかりを作ります。

冷蔵庫理論です。

 

こんな時どうする?「多すぎて収まらない。。」

洗剤でも、文房具でも化粧品でも一か所に集めると
思っていた以上の量になることが多いです。

あちこちから集めたので
元々あった場所に戻れないこともあります。

っが、慌てない!ひるまない!

そんな時は、用途別に分けていきます。

そうすると、「絶対、ここになきゃダメ」
っという団体さんから一等地に戻っていただき、

「ストックは数週間に一度程度なのでクローゼットでもいいです。」

「ふたつきの箱に収めておきます」

などなど。
一等地から去っていただくことができます。

しかも分けたことで管理もしやすい!

 

「絶対ここになきゃダメ」っというモノ以外は
二階の隅でも、クローゼットでもいいんです。

要は、工具箱や裁縫箱の感覚ですね。

そこに行けば全部そろっている!

これが、とっても楽なんです。

 

キリのいいところでやめられる小物の片づけ

どうも、片づけは

「片づけだしたら最後が大変。。」

「グチャッとしたままタイムアップになるから。。」

っという印象のようです。でもそれは、

場所別に片づけているからかもしれません。

カテゴリー別に片づけていくと

「クリスマス用品だけやっておこう」

「30分あるから便箋、はがき、切手のカテゴリーはできるかな」

っと調整可能なんです。

 

衣類、本、書類の片づけが終わったら
小物の片づけには入れます!

片づけなんか早く終わらせて

自分の好きなことに時間を使う女性が
増えるといいなぁと思っています☆彡

 

自分の好きなことに時間を使う私の趣味はこちら( *´艸`)

 

 

次回の『片コンハンナのおうちで片づけセミナー』は8月25日(日)です!
皆様のご参加お待ちしています☆彡

こんまり流片づけ体験セミナー

2019年8月25日(日)
10:00~11:30

場所 大阪府松原市 ハンナ自宅
受講料 3,000円

詳細 お申込みはこちら

こんまり流片づけ体験セミナー片コンハンナ

 

片コンハンナ ママのための片づけレッスン こんまり流

 

何なりとお問合せ下さい☆彡

 

Follow me!

-片付けレッスン

執筆者:


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

こんまり流片づけコンサルタント片コンハンナ

捨てたいのは【執着心】|こんまり流片づけコンサルタント 大阪 片コンハンナ

ママのための片づけレッスン【ハンナリ】の片コンハンナです 昨日は我が家で 『こんまり流片づけ体験セミナー』&シェア会でした 皆様にお話をお伺いしながら進めますが 「私も一緒です。さっきおっしゃったよう …

no image

ママのための片づけレッスンレポ【思い出品】|片付け ハンナリ 大阪

ママのための片づけレッスン【ハンナリ】のハンナです 皆様は 「何のために片づけをするのか」 しつこく考えたことはありますか? いつでも友達を呼びたい 帰ってきたらスッキリ疲れのとれる家にしたい 探し物 …

スーツケース荷造り見出し片づけレッスンハンナリ 大阪 子育てママのための

恥ずかしくないスーツケース荷造りのコツ|片づけレッスンのハンナリ 大阪

こんにちは!ママのための片づけレッスン【ハンナリ】のハンナです   我が家は 早朝から1週間ほどロンドンに家族旅行です 子供が3人いることを知ってるお友達には「荷造り大変そう~」っと言われま …

ときめき片づけ体験セミナーハンナリ

ときめき片づけ体験セミナー 9名様ご参加|ハンナリ 大阪 講師

ママのための片付けレッスン【ハンナリ】のハンナです 2019年1月26日 大阪府松原市 ときめき片づけ体験セミナーを開催しました この日は『えんとつ町のプペル』観る朗読会 の開催を先に決定していて 「 …

片付け 片づけセミナー ハンナリ 講師

ときめき片づけ体験セミナー 案内&レポ|ハンナリ 大阪 講師

片づけレッスン【ハンナリ】のハンナです 嬉しいことに数か月先のご依頼もいただいています 「ときめき片づけ体験セミナー」(2018年10月現在) 時には受講者様の感想も記載させていただきながら 準備や開 …

フォローする

片づけレッスンハンナリ

卒業型片づけレッスン【ハンナリ】
ハンナこと石丸香子です!

主人と高校生、中学生、5年生の5人暮らし
自分の時間を楽しむ為に片づけは極限まで簡単に!
片づけも家族旅行もレゲエも絵本もビールも
好きなことは楽しむことにしています

片づけるのではなく
  片づけきる!

片づけは
未来の自分の準備です☆彡

 

片付けレッスンハンナリ menuはこちら
マリアチュ広報室 ハンナリ

 

ハンナ観る朗読会 menuはこちら
ハンナ観る朗読会

 

 

 


 


ハンナのレターポット
レターポット ハンナリ 大阪

メールアドレスを記入して頂きますと
更新をメールで受信できます!

代表 ハンナ

tel  090-3721-5286

mail  tokimeki.heim@gmail.com

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。