こんまり流片づけレッスンハンナリ

知ると変われる!「頂き物から使う」3つの利点|片コンハンナ

ママのための片づけレッスン【ハンナリ】のハンナです

皆様も嬉しい 手土産 プレゼント ありますよね!

 

我が家ですと
辛いモノ好き を知っている方が、
柚子胡椒をくれたり、

ビールのつまみに珍味をくれたり。

「もうなくなっちゃう!」っと楽しみにいただいています。

そんな時は 黙っていても なくなるのですが 逆に。

 

なかなか減らない。
封さえ開けていないモノ 

ありませんか?

 

片づけレッスンに伺うと やはり沢山の「頂き物」と出会います。
しかも未使用も多いです。

今日は

頂き物から使うって 良いことしかない!
だから、ため込まないで!

っというお話をさせていただきます。

 

頂き物から使う 3つの利点

こんまり流片づけレッスンハンナリ

とにもかくにもっ!

先に使っていくことが正解だと思います。
理由はおおきく3つ!

できることばかりなので、ご活用していただければ幸いです!

①新鮮なうちに楽しめる

「痛む前」「腐る前」はもちろんですが
少しでも、少しでも、新鮮なうちにいただく!

食品だけではありません。

肌ケア用品も劣化します。

賞味期限、消費期限ぎりぎりまで先伸ばす理由はない
と思われます(#^^#)

 

例えば!
いつも買う数倍のお値段の お醤油 をいただくこともありますよね。

桃の香りの 個包装の美容パックマスク も頂きますよね。

入浴剤も、無添加の石鹸も、いただきますよね。

 

醤油のように日々使える調味料なのだとしたら
美味しいうちに早く 食した方が良いし、
もし、刺身用なのだとしたら
ぜひ、刺身を用意してでも楽しむ!

 

余談ですが、
「毎日のお弁当に入れる」 という明確な理由がないのであれば
「お持ち帰り」でついてくる醤油先に使っていく方がよいです。

いつかのお弁当に。。と思っていると、

→ いつのか わからない
→ 一先ず 先送りに
→ 何かにベタっとくっついて やっと捨てる

 

こんな日常が待っています。

 

ハンドクリームや肌ケア、入浴剤なども

「いざという時に!」
「旅行用に!」
「買い置きがなくなったら」

っと思ていても、多くは忘れています。

※正しくは、覚えているモノもあるけれど、多くは忘れている。

また、旅行や、いざという時に
肌に合うか合わないかわからず
躊躇するのではないかと思います。

 

 

今使っているモノをさておいてでも、今日から使う。

忘れてしまう前 劣化する前に使う。

使うべきは日常 それも早めに! 

がおすすめです。

 

②日常生活の邪魔にならなくなる

頂き物は 小さなキーホルダーに始まり
食器セット、コーヒーメーカーなど 大きいモノもあります。

 

ここは私の専門なので
カテゴリー別に、ご提案したいと思います。

キーホルダー

こんまり流ときめき片づけでは
持っていることで安心、とか、ニヤッとしちゃうとか
心の温かさを感じるモノを残すのですが
 詳しくはこちら 過去記事『片づけから開放されるための準備』

 

頂き物でも それは同じです。

ここで、残すと決めたキーホルダー。

気に入ってすぐ使えれば よいのですが
そんな時ばかりではないと思います。

 

そんな時は、
キーホルダーばかり集めてポーチや袋にまとめて一か所に保管。
そして、家族と共有して
必要な時に誰でも使えるとか、どうでしょう?

もちろん、各自保管もOKです。
これらが、あちこち にあるより、各段に出番が増えます。

 

コーヒーメーカーなど大きいモノ

箱に入っていることも多いのですが、
出してみるとまず梱包の多さに驚きます。

まだ開けておらず中身を勘違いしていて驚くこともあります。

そんな食器たちを確認していく中、
「お客様用だから」と箱にしまってしまうのは、

あまりお勧めしません。

 

「お正月しか使わない」など、
用途が明確なら箱のまま、
重ねられるほうが都合の良い時もありますが、

普段のお客様なら取り出しやすく、
しかも、スマートにお出ししたいですよね。

また、「お気に入り」「お客様用」を
自分も使って悪いわけがありません

小さい頃、ワイングラスのようなモノで牛乳を飲んだり
アイスを入れてもらうと、いつもよりおいしく感じましたよね!


気分で、価値は変わってきます。

こんまり流片づけレッスンハンナリキッチン片付け

食洗器にかけられない、重ねられない、すぐ割れそう
いろいろ思うところはあると思いますが、

「自分こそ もてなす」

という時間を時々でも楽しめるよう(#^^#)
お気に入りに変えていってほしいと思うのです!

これはコーヒーメーカーや、ホームベーカリーも同じですね。

 

「自分も使いたい!」というお気に入りだけを残して
他はバザーに出すなど、

次の一手を考えることも必要かと思います。

 

③くれた方への「感謝の気持ち」が大きくなる

選んで下さった方の気持ちとしては。

「高価すぎて 使えないわ」
「なにかの時の為に とっておくわ」
というのは、なんだか、寂しいと思うのです。

 

「あれ、すごく美味しくて全部 食べたよ!」

「早速使ってるよ!」

という感想の方が、嬉しくは ないでしょうか?

 

以前、繊細な紙で一つ一つ包まれた
ウェディングドレスのような ※個人の感想です

『トイレットペーパー』を差し上げたことがあったのですが、

その方は今でもご自身で買われて愛用していらっしゃいます。

そんな風に、
楽しんでいただけたり、
気に入っていただけることが
贈り物の醍醐味ではないでしょうか(#^^#)

 

そう思うと
「使っていないことに、後ろめたさを感じている」
「大きくて少し、邪魔に思っている」
「忘れていて、古くなってるけど捨てれない」

これは誰が幸せなんでしょう?

贈り物は、
選んでくれた気持ち、時間に価値があります。

誰も、迷惑な贈り物をしたいわけではない ですよね。

 

頂き物のお役目

この写真は、片づけのレッスン卒業生に頂いたモノ達です(^^)

頂き物 お香 コーヒー

それぞれにエピソードがあって、
・夏に飲むのがおいしいとお勧めの〈水出しコーヒー〉
・生徒さんが最近気に入ってる〈お香〉
・愛用の上品な〈トイレットペーパー〉

これらは、頂いて帰った日から早速、使いだしました。
もちろん今はもう、ないのですが(#^^#)

 

高価だから、、上等すぎるから、、ではなく

嬉しさが冷めないうちに堪能する

このことが、贈り物のお役目ではないでしょうか?

 

贈る側は、喜んで欲しいと思って
時間やお金を使い、準備してくれてるわけなので

使うことができない時も
 「邪魔になっている」というのは
   避けたいのではないかなぁと思うのです(#^^#)

 

皆様の暮らしやすい毎日を応援しています☆彡

 

こんまり流片づけレッスン片コンハンナ

Follow me!

関連記事

  1. こんまり流片づけレッスン片コンハンナ
  2. こんまり流片づけレッスン思い出品
  3. 子育てこんまり流片付けレッスン片コンハンナ
  4. 片コンハンナ 整理収納 ときめき片づけ
  5. ときめき片づけ片コンハンナ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。