【引っ越し・リフォーム】その前にできること | 片づけコンサルタント 大阪

ママのための片づけレッスン【ハンナリ】の片コンハンナです

 

片づけのお仕事をしているので
暮らしのお困り話や質問をよく受けます。

こんなやり取りも。
「引っ越してからモノの整理をした方が良いですか?」

 ⇨「断然、前がおススメです‼」

こんまり流片づけコンサルタント片コンハンナ

お気軽にご相談ください
個人レッスンご案内・お申込み

 

引っ越し・リフォーム前にできること

引っ越し後、リフォーム後の間取りはわかっている とします。

冷蔵庫、洗濯機、ベッドなどの場所は
もともと決まっている、または
先に考えていることが多いと思います。

大きいモノの場所から確保する というのは
収納の基本です。

これと同じように
場所に合わせて収納するモノを決めておく

自然と量も絞れていきます。

 

私の引っ越し失敗談

6年ほど前、引っ越すことになりました。

子供の成長もありますし多くのモノを手放して
引っ越し屋さんによって無事に完了。

正解だったのは

全てのモノの場所を引っ越す前から決めていたことです。

引っ越し屋さんでもわかるように部屋の振り分けを書いておき
後からダンボールを運ばなくてもよく、
早速 生活が快適、
そして、「ある季節までは開けなくていい」ということも
明確にわかっていました。

床にモノを積むわけでもなく
部屋は片づいていました。(と思っていました。。)

っが、数年後。。

こんまりさんの本に出会って

人生がときめく片づけの魔法 片コンハンナ Amazon
『人生がときめく片づけの魔法』
近藤麻理恵さん

 

「本当に必要なモノって少ないのかもしれない。。」っと

ときめき片づけを実践。

家のモノを〈棚卸し〉するかのように
残すか、捨てるか、見極めていきました。

台所で使っていたワゴンも入れるモノがなくなり
今では押し入れの中で活躍しています。

多すぎた食器も暮らしに合った量にしました。
読みかけの本も一緒にいたい本だけにしました。

 

もし、引っ越す前に終わらせていたら
無駄にクリアケースの引き出しを買い足したり

見栄えのいいワゴンを買わなくても良かった。

引っ越し屋さんの費用も押さえられたはずです。

捨てるのことにも費用のかかるこの時代、
引っ越しや、リフォームは
モノを手放せるめちゃめちゃいい機会です。

こんまり流ときめき片づけ片コンハンナ

 

何を残して、何を手放すのか。ブレない基準を決める

モノを捨てることには やはり抵抗があります。

頂いたハンカチ、子供が着るかもしれない洋服
いつかまた使うかもしれない趣味のモノ

壊れていないモノを積極的に捨てるのは心苦しいです。

だからと言って、
今あるモノを持ち続けることはできません。
モノを持ったまま死ぬこともできません。

ここで明確に、残すモノのルールを決めます

残すモノは

 

自分を幸せにしてくれるモノです。

もしくは、
自分を幸せにしてくれると感じるモノ。

似合う服、好きな靴、ワクワクするグッズ
だけではありません。

 

⇩こういったモノのありがたさ気づけるかが大切です⇩

「これがなかったらいざという時に大変なんだ」
という冠婚葬祭関係や、書類も。

「これがないと不安なんだ」
というキッチングッズや、思い出品も。

〈私を助けてくれてありがとう〉

っと感謝できるモノだけを残します。
こんまり流片づけでは

このように感謝できるモノを総称して
「ときめき」と呼んでいます。

 

ときめくモノだけ残す

どこを見ても
どこを開けても
ときめくモノだけ。

心あたたまるお部屋ができるというわけです。

 

「いらないモノ」ではなく「お役目が終わったモノ」

片づけレッスン中
「こんなにいらないモノに囲まれてなんて。。」

っという ため息交じりの声が聞かれます。が、

「持っていた」ということは

ないと不安だった時期があった
捨てたくない時期があった

という自分発見です☆彡

 

「これまで、支えてくれてありがとうございました。」
「これまで、一緒にいてくれてありがとうございました。」

 

っと感謝して手放していきます。

手放したモノ達からも
「お幸せになってね」の声が聞こえてくるかのようです。。

 

 

モノの意味は「役に立つこと」

持ち主を幸せにすることがお役目です。

ということで、

引っ越してからモノの整理をするより
断然、前がおススメです‼

 

 

皆様の快適な毎日を応援しています☆彡

 

こんまり流片づけレッスン片コンハンナ

Follow me!

関連記事

  1. 片づけコンサルタント ハンナ
  2. こんまり流片づけレッスン片コンハンナ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。