西野亮廣さんの絵本

時間軸で繋ぐ 西野亮廣さんの絵本の世界② | 星空キネマ朗読屋 片コンハンナ

こんにちは 星空キネマ朗読屋 片コンハンナです

前回のブログでは
『Dr.インクの星空キネマ』の時代を
仮に【1000年】とした場合

『オルゴールワールド』も【1000年】

ということが言えるというお話でした。
前回のブログ
『時間軸で繋ぐ 西野亮廣さんの絵本の世界➀』

 

今回は
『Zip&Candy』と『えんとつ町のプペル』の
『ほんやのポンチョ』と『チックタック~約束の時計台~』

4作品の時間軸について。

 

時代を繋ぐカギとなるのは『オルゴールワールド』

700年前に分かれてしまった
『空中帝国』に住む人間と『森』に住む人間。

だけど、たとえ一瞬でも、つながることができるはず。

 

世界をつなぐ魔法は?と問いかけられる
絵本『オルゴールワールド』

カンパネラ少年が(もう、爺ですが)
あきれられながらも完成させた
オルゴールの音色は、ちかくの星までとどき
空に住む全ての人間をつつみこみます。

ちかくの星までとどきです。

時間軸は
『オルゴールワールド』から読み解くことができそうです。

「人間がつかえる魔法はなんですか?世界をつなげる魔法はなんですか?」
「感動じゃよ。ヒッヒッヒ……」
そう言葉をのこし、長老パッヘルベルは森の奥へと消えていきました。

 

空に住む全ての人間をつつみこんだ「オンガク」

カンパネラ少年が初めて『森』に〈人〉をみつけたのは10歳。
ここは前回のブログで(仮)としましたが、ざっくり
【1000年】

20年後の30歳で空中帝国から始めて『森』へおります。
【1020年】

それから50年後
2人の魔法で世界が繋がります
【1070年】

 

この日、この時、ZipとCandyとサンドイッチ博士の住む星にも
オルゴールの音色が聞こえています。

Zip&Candy西野亮廣さん

オルゴールの大きな音色は、ちかくの星にもとどきました。
「博士、なんだいこりゃ?」
「音楽だねえ。うん。いい音色だ。ちょっと休憩しようかの」
「オンガク、オンガク」

絵本『オルゴールワールドより』

なので
『Zip&Candy』は【1070年】

 

そして、
このオルゴールの音色を聞いていた方がもう一人

オルゴールワールド ルビッチ

えんとつ町の掃除屋のルビッチ君。

ということは『えんとつ町のプペル』も
【1070年】

人の一生が100年ほどあるとしても
まぁ、時代としてはこのあたり。
少なくとも、この日、この時にはえんとつを掃除していた

ってことですね。

時計台のなかで聞いたオルゴール

『ほんやのポンチョ』と『チックタック~約束の時計台~』
そして、『ドンドコ山のバケモノ』が同じ星
〈地球〉ということはわかりました。

関連ブログ
『@サンポーニャが繋ぐ
西野亮廣さんの絵本の世界

そして、
『チックタック~約束の時計台~』で
他の作品との時間軸がわかりました

銀色の流れ星も、夜空をかける配達屋さんも、
サンタクロースも、
この時計台のまどからみました。
 
小鳥のさえずりも、空からふるオルゴールの音も、
この時計台のなかでききました。
 
ふたりは、時計台のなかで、
空からふるオルゴールの音を聞いていました。

チックタックとニーナは
『オルゴールワールド』と同じ
【1070年】ごろ聞いていた、ということですね。

やはり
トキオ・ジェイコブさんが 〈地球〉に届いた
【1000年】から文明は発達しているようです。

赤いハシゴDr.インクの星空キネマ西野亮廣

 

ということで同じ日、同じ場所で暮らしていた
ポンチョたちも
【1070年】です

チックタック約束の時計台西野亮廣

みんなでそろったかな(#^^#)

人も絵本も『オルゴールワールド』で繋ぐ

(仮)の年代ではありますが。。

『グッドモーニング・ジョー』【1000年】
『赤いハシゴ』【1000年~】
『ドンドコ山のバケモノ』【1000年】
『Dr.インク』【1000年】
『オルゴールワールド』【1000年~1070年】
『Zip&Candy』【1070年】
『えんとつ町のプペル』【1070年】
『ほんやのポンチョ』【1070年】
『チックタック~約束の時計台~』【1070年】

カンパネラ君が〈何年目のトキオさん〉を見ていたかとか
この世界でも人は〈100歳くらいの命〉なのかとか
オルゴールが〈聞こえたのは一度だけ〉なのかとか

そんなこと以前に、
違っている点があるかもしれませんが( *´艸`)

 

なんとなく、〈一生〉を考えた時に

西野亮廣さん絵本作家

 

星は違えど
みんな同じ時代を生きていた

ということで いいんじゃないでしょうか。

くじけそうになりながらも
何かに挑戦して
自分を信じた主人公たち。

グッときます。

 

壮大な星空で人々を繋いだのは
ヨナヨナがくれたオルゴールと
カンパネラ少年の50年。

西野さんの絵本の世界を繋いでるのも
ヨナヨナがくれたオルゴールと
カンパネラ少年の50年ですか。。

かっこよすぎです。

 

映画『えんとつ町のプペル』聞き耳情報

2019年7月 西野さんのブログより

西野亮廣さん映画えんとつ町のプペル

「外の世界を知らない町」えんとつ町が

「外の世界を知ってしまう」んですね。

砂浜に真っ黒な船が流れ着いて、物語は急展開。
真っ黒な船の存在がキッカケで、町を閉ざそうとする勢力と、町を開こうとする勢力の戦いが始まります。

映画公開までお話を紡いでワクワクしております。

 

 

レターポット星空キネマ朗読屋 片コンハンナ

 

 

 

 

 

 

片コンハンナ ママのための片づけレッスン こんまり流

片コンハンナお茶会こんまり流
片コンハンナのおうちでセミナーこんまり流

 

Follow me!

関連記事

  1. えんとつ町のプペル美術館片コンハンナ
  2. えんとつ町のプペル片コンハンナ
  3. えんとつ町のプペルハンナリ
  4. 片コンハンナ星空キネマ観る朗読会
  5. 『チックタック 光る絵本と光る満願寺展』 クラファン片コンハンナ

コメント

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。