ハンナ観る朗読会

時間軸で繋ぐ 西野亮廣さんの絵本の世界➀ | 星空キネマ朗読屋 片コンハンナ

投稿日:2019年6月10日 更新日:

こんにちは 星空キネマ朗読屋 片コンハンナです

 

2019年4月、誰も見たことのない個展
『チックタック光る絵本と光る満願寺展』
が開催されました。

『チックタック 光る絵本と光る満願寺展』 片コンハンナ 令和元年

関連ブログ

「チックタック光る絵本と光る満願展」備忘録

クラファンから楽しみが始まっていた「チックタック光る絵本と光る満願展」』

 

 

新作絵本『チックタック~約束の時計台~』は
にしのあきひろ作品史上、もっとも残酷で、もっとも美しい物語

その背景は戦争です。

 
チックタック約束の時計台西野亮廣さん
 
 
 
 
 
 
 
 
 

大人が「子供には これは、難しいのでは?」なんて考えなくても
自分の知っているコトの中で整理していくモノです。

42歳の私でも「わかったつもり」だらけです。
子供とか大人とかじゃないですね( *´艸`)

 

 

同じ時代? 絵本の時間軸

『ほんやのポンチョ』はリズミカルでポップ。

ほんやのポンチョ 西野亮廣さん

でも、火事の描写は恐ろしいほど残酷。
『チックタック』と同じ世界、戦争の起こる同じ世界
ということがわかると、あの不穏な描写にまた、心打たれます。

 

っで、一方。

チックタック約束の時計台西野亮廣

『チックタック』内で ポンチョをみた時、

同じ時代、同じ場所を過ごしていたことに
テンションが上がったのもホント(#^^#)

この一枚も含めて今回は
時間軸で繋いでみたいと思います。

私たちの「西暦」などに収まるものではありませんが

【絵本の世界の時間軸】について
娘とよく会議をしていました( *´艸`)

間違ってるかもですが
たどり着いたところまでをご紹介します
入り組んでいて面白いです!

 

『Dr.インクの星空キネマ』を仮に【1000年】とする

まず基本に『Dr.インクの星空キネマ』の4話を置きます。

Dr.インクが体を壊してしまい
サンポーニャたちが宇宙を走り回る過程で
→『Dr.インク』

ハシゴ屋のトキオ・ジェイコブに会います。
→『赤いハシゴ』

赤いハシゴ西野亮廣

そしてそのまま
グッドモーニングジョーに会い行きます。
→『グッドモーニング・ジョー』

Dr.インクの星空キネマ 西野亮廣

もう一話とつなげるために
ハシゴ屋 トキオさんのお話を。

ある日ギュゥゥン!と目の前で止まった青い星から聞こえてくる
ドンドンドコドン という音を聞いて
行って確かめたい と思ったトキオさん。

ハシゴをつなぎそして、つなぎ・・・

何年もの歳月を経て
空へ宇宙へ青い星へ向かうのですが、
その途中に サンポーニャに会っています。

そして、ドンドコ太鼓の音も止まってしまいます。。
せっかく頑張って向かってるのにデス。

太鼓の音が止まった理由は
ドンドコ山に住むヤクという名のバケモノが
死んでしまったから。
→『ドンドコ山のバケモノ』

ここで、ヤクが死んでしまった時
トキオが生きていたことがわかります。
Dr.インクの星空キネマ 西野亮廣

 

これでつながりました。

登場人物の行動がクロスするので
違う星だけれど、同じ時代とわかります。

トキオさんも何年もの歳月を経て青い星に向かっているので
ざっくりではありますが

この辺りを仮に【1000年】とします

 

『オルゴールワールド』も同じ【1000年】

そして、ここに関連づけられる物語は
『オルゴールワールド』です。

カンパネラ少年は
赤いハシゴのトキオさんを見ていたわけなので同じ時代です。

オルゴールワールド西野亮廣

 

「ちょっとまって、母さん。となりの星にハシゴがとどきそうなんだ」
カンパネラ少年は、星空でおこなわれている赤いハシゴの工事に夢中です。

『オルゴールワールド』より

カンパネラ少年は絵本の中で、
カンパネラ爺となるので
【1100年】くらいまでの物語かな。

 

ポンチョとニーナが暮らしていたのは
『ドンドコ山のバケモノ』と同じ星
〈地球〉ということはわかっていますが、時間軸はどうでしょうか。

関連ブログ
『@サンポーニャで繋ぐ 西野亮廣さんの絵本の世界』

 

ただ。。ヤクが死んでしまった時代に
トキオがたどり着いた〈地球〉の姿がこちら。

赤いハシゴDr.インクの星空キネマ西野亮廣

おそらくポンチョやニーナたちが暮らしたのは、

文明的に、もっともっと後な気がします。

 

『ほんやのポンチョ』と『チックタック~約束の時計台~』

このほか、ここで繋がっていない絵本作品は
『Zip&Candy』そして『えんとつ町のプペル』

この4作の件はこちらへ
『時間軸で繋ぐ西野亮廣さんの絵本の世界②』

 

映画「えんとつ町のプペル」聞き耳情報

2019年7月 西野さんのブログより

映画えんとつ町のプペル西野亮廣

この日の西野さんのブログはこう続きます
今、世の中に出回っている『えんとつ町のプペル』は本編のスピンオフです。

 

えんとつ町のプペル えんとつ町のプペル

2,160円
Amazon
「レター一族」のお話も いつか紡ぎ紡ぎ
ブログにしたいと思います。。
 

 

それにしても。。

今更ながら 絵~うま~っ!

西野亮廣オンラインサロンでは
次回作、次々回作のラフスケッチや

「えんとつ町のプペル美術館ってこんなんだよ」
みたいなのを公開してくださったりもします。

ベッドでボ~ッとしてても
目の覚める〈うまさ〉です
座りなおして 心してみてます( *´艸`)

過去記事も、写真、動画も見れますので
超おススメのサロン(メルマガ、または朝刊)です
もちろん毎日毎日、ほんと毎日!
ありえない情報量の「今」がとどきます

子育て中のママさんにも知ってほしい「今」です

西野亮廣オンラインサロン

おススメです!

 

 

レターポット星空キネマ朗読屋 片コンハンナ

 

 

 

 

 

 

片コンハンナ ママのための片づけレッスン こんまり流

片コンハンナお茶会こんまり流
片コンハンナのおうちでセミナーこんまり流

 

 

 

 

 

Follow me!

-ハンナ観る朗読会
-, , ,

執筆者:


  1. […] ということが言えるというお話でした。 前回のブログ 『時間軸で繋ぐ 西野亮廣さんの絵本の世界➀』 […]

  2. […] 2人で話し合った成果( *´艸`) 関連ブログ 『時間軸で繋ぐ 西野亮廣さんの絵本の世界➀』 『時間軸で繋ぐ 西野亮廣さんの絵本の世界②』 […]

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

えんとつ町のプペル片コンハンナ

今度は神社で!『えんとつ町のプペル』観る朗読会 5月19日 | 片コンハンナ

ママのための片づけレッスン【ハンナリ】のハンナです   『えんとつ町のプペル』観る朗読会 ここ最近で公演させていただいたのは 大阪堺市の学童さんたちへ☆彡 この日聞いてくれていた女子小学生に …

えんとつ町のプペルハンナリ

車両の中で!【えんとつ町のプペルVR】体験してきました

ハンナ観る朗読会のハンナです   家族で兵庫県まで行ってきました こちらを体験するために! 場所は 能勢電鉄「川西能勢口駅」5番ホームの電車 車両内 沢山の方がお待ちだったので 30分ほど待 …

『チックタック 光る絵本と光る満願寺展』 片コンハンナ 令和元年

『チックタック光る絵本と光る満願寺展』 備忘録 令和元年 | 片コンハンナ

ママのための片づけレッスン 片コンハンナです やっぱり残さずにはいられない。。   今日、2019年5月12日は チックタック光る絵本と光る満願寺展 最終日 夢だったかな。。? と思ってしま …

くみキッチンハンナ観る朗読会

10ヶ月前から準備していた『zip&candy』観る朗読会 inくみキッチン | 片コンハンナ

ママのための片づけレッスン【ハンナリ】の片コンハンナです シンガーソングライター後藤大さんに 「zip&candy ロボットたちのクリスマス」のオケを依頼したのは今年の3月。 人前で開催する予 …

片コンハンナ星空キネマ観る朗読会

『Zip&Candy』と『グリンゴ』オケを依頼中!

星空キネマ観る朗読会ハンナです 最近は『zip&candy~ロボットたちのクリスマス~』観る朗読会に向けて BGMを考えたりして楽しく過ごしています そんな毎日の中とっても 私の心をつかんで離 …

フォローする

片づけレッスンハンナリ

卒業型片づけレッスン【ハンナリ】
ハンナこと石丸香子です!

主人と高校生、中学生、小学生の5人暮らし
自分の時間を楽しむ為に片づけは極限まで簡単に!
片づけも家族旅行もレゲエも絵本もビールも
好きなことは楽しむことにしています

片づけるのではなく
  片づけきる!

片づけは
未来の自分の準備です☆彡

 

片づけレッスンハンナリ menuはこちら
マリアチュ広報室 ハンナリ

 

ハンナ観る朗読会 ご案内はこちら
ハンナ観る朗読会

 

 

 

 


 


ハンナのレターポット
レターポット ハンナリ 大阪

メールアドレスを記入して頂きますと
更新をメールで受信できます!

代表 ハンナ

tel  090-3721-5286

mail  tokimeki.heim@gmail.com

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。