カタコンハンナ子供片づけ収納

おもちゃの収納 / 0歳~5歳〈量と飾り方〉カタコンハンナ

こんまり流片づけコンサルタントハンナです。

お子様のおもちゃの収納に
困っている方は少なくありません。

「子供達も
 片づけられるように
   なってほしい」

このことを叶えるためには

いい状態を
示してあげることが大切です!

カタコンハンナ 子ども片づけオモチャ  

今回は
おもちゃの量と飾り方について
考えていきたいと思います。
※0~5歳くらいまでのお子様を想定しています。

〈量の問題〉おもちゃの片づけ

おもちゃは

ご主人、祖父母が買ってくる
クリスマス・誕生日にもらう
お下がりを頂く など

ママがコントロールできないことが多く
放っておくと
どんどん溜まってきてしまいます。

量が多く片づけにお困りの場合
おススメは

収納場所を分ける

です。

 

例えば「トランプ」。
1歳のお子様にとっては
ただの「紙きれ」です。

破って、落書きして終わり。

に、なりかねません。

 

他にも例えば、「けん玉」。
1歳のお子様にとっては

「固いモノ」が遠心力で自分に返ってくる
チョット危険なモノ

かもしれません。

お子様が
手に取れない場所、または、
手に取りにくい場所を
収納場所にすると良いかと思います。

〈おもちゃの量 まとめ〉

今使ってほしいオモチャと
この先使えるようになるおもちゃを分ける

「今」のお子様の年齢や
興味に合った おもちゃだけを
とりやすい場所に収める。


その他は、使いこなせる
その時が来るまで
きれいにとってくイメージです。

子ども片づけ収納オモチャカタコンハンナ

 

〈飾り方の問題〉おもちゃの片づけ

収納するのではなく
棚などに飾りながら
オモチャとして使う場合、

ゆとりをもって飾り置く

がおススメです。

きゅうきゅうだと
他のオモチャも一緒に
出てきてしまいますし

何より
小さいお子様にとっては
元の場所に戻すことが
難しいのです。

「子供達も
 片づけられるように
   なってほしい」

そのためには、
出しやすく、戻しやすい

が必須です。

この時
重要なことが一つ。

お子様が使える状態にしておくことです。

・電池は入っているかな
・部品は揃っているかな
・取る時、危なくないかな
などなど。

せっかく持っているおもちゃを
ちゃんと使える状態に
セットしておいてあげる。

「このオモチャはいつも

 こういう状態で

 ここにある」

目で見てわかるように!
覚えてもらうほどに!

同じ状態を何度でも作ってあげる。

ママが求める正解を見せ続ける
見てもらい続けることが大切です。

〈おもちゃの飾り方 まとめ〉

いつでも使える状態にセットし
お子様が覚えるほどに
同じ状態を保つ。

取り出しやすく
戻しやすいように
飾り置く。

 

とはいえ!子供は片づけない!ですよ!


手を変え、品を変えましても
もちろん!

出しっぱなしにされます。

それでも、ここが一歩目なのです。

カタコンハンナ オモチャ収納子ども片づけ

私たちママが
戻すのが面倒だと思う

ということは

お子様ももちろん
めんどうなのです。

簡単に整う状態を作っておく
「まぁ、戻すくらいしてあげよう」
という気持ちになります。

そして、ある時、
ふっと片づけてくれた子供たちに

「助かります!ありがとう!」を

ママがちゃんと伝えていくことで
片づけてくれる回数が増えるかな!

そんな感じだと思います。

 

誰が片づけるにしても
簡単な収納がベストです。

 

量が多い場合は分けて収める!?
「そんなことしたら忘れちゃう。。」

取り出しやすいように飾り置く!?
「そんなゆったりスペースがない。。」

 

そう思われた方は

おうちの片づけが
終わっていないのかもしれません。

お子様に
どれほどのスペースを
使わせてあげられるか。

まずは、
ママの管理しているモノの片づけを
終わらせてしまうことをおすすめします。

こんまり片づけハンナリ大阪片コンハンナ

 

 

◆自己紹介◆

こんまり流片づけハンナ

 

◆こんまり流片づけ個人レッスン◆

こんまりメソッド大阪片づけレッスン片コンハンナリ

 

▶毎週金曜20時更新
ハンナリLINEアカウント

こんまりメソッド大阪片づけレッスン片コンハンナリ

 

◆片づけ相談会◆

楽天シニア こんまりハンナリ大阪 楽天シニア ハンナリ片づけこんまり

▶次回は 2021年3月
2日(水)・4日(金)
を予定しております。

Follow me!

関連記事

  1. 子供服片づけ整理収納
  2. カタコンハンナ片づけ子供作品
  3. 子育て暮らしこんまりハンナリ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。