片コンハンナ 整理収納 ときめき片づけ

[タオル]というカテゴリーの正体は?! | 大阪 ときめき片づけコンサルタント

こんまり流 片づけレッスン【ハンナリ】のハンナです

今回は 片づけ個人レッスンの生徒さんより頂いた
質問にお答えしたものを皆様にも共有させていただきたいと思います。

どのご家庭にもある [タオル] について。

綺麗なタオルは捨てられない!

前回、衣類の片づけレッスンが終わったので
数日後のレッスン日までにできそうなカテゴリーを進めていた生徒さん。

【質問】
~前略~

タオルの綺麗なものは全て残しても良いのでしょうか?
それともお別れするコツなどありますか?
もったいなくて捨てられません

 

【返答】
~要約~
今後、【予備のモノ】というカテゴリーが出て来ます
これらを一か所にまとめることも多いです

毎日の暮らしには○枚いるので
他は予備にする

その、予備のモノも
最終的には何枚あるのかわかるように
綺麗に収めます。

「これくらい場所を使うんだな」っとわかるよう
たたみ入れた状態で箱などに入れられればベストです。

 

実際、どう進めるのか。順を追ってご説明します。

➀タオルを山積みにする

自分の管理しているタオルを全て一か所に集め山積みにします。

メインで使っているタオル、箱入りのタオルや新品、どこかのノベルティグッズなど
かなりの量かと思います。

「あげよう、捨てよう、売ろう」はお任せしてます
「自分の家にはこれくらいあるといい」
っという、暮らしに対しての感覚が大切です。

②用途を明確に分ける

[タオル] と 一言にまとめず 分けていきます

・キッチン回りで使う
 →キッチン小物の片づけの時に確認する

・お出かけハンカチタオルにする
 →衣類の方で(仮の)入れる場所を決める

・雑巾にするかもしれない
 →掃除用具の片づけの時に確認する

・趣味グッズ(スポーツ・観戦・クラフトなど)
 →それらの片づけの時に確認する

家庭によって、必要な枚数、場所は違います

沢山あっても用途が違えば買い足さなければいけませんし(ハンドタオルが必要なのに、バスタオルばかりあっても代わりに使えないので)

暮らしに合っていなければ
一枚も必要ないタオル(サイズ・分厚さなど)もあります。

片づけレッスンハンナリ

日常使いのタオル と 予備のタオル

洗面近くで使うタオルは ○枚

キッチンでは、トイレでは、、
っと、日ごろの洗濯のペースなどを思い返して
「手近なところには3枚あればいい」などなど

暮らしの場面ごとにタオル最適量を今一度考えなおし

その他は予備とします

 

~雑巾化させるタオルから学ぶ~

タオル整理から 雑巾用になることが多いと思いますが、
もうすでに雑巾用にしているタオルがいっぱいある
ということも少なくありません。

掃除の回数より雑巾が多いのか、

ウェットティッシュなど、使い捨ての用品を使うことが多いから減らないのか。

自分や家族の暮らしにあっているか、立ち止まってみてください。

多く感じた時は、「今まで家族や、私のためにありがとうございました」と感謝を伝えて手放していきます。
 

ときめくモノを残す とは?

「ときめき片づけって、ときめかないモノを捨てなきゃいけない?」

「ときめくとか、ときめかないとかじゃなくて
 もったいないから捨てられない」

っという気持ちもあるかも知れません。

ときめく感覚とは、

持っていることで 安心する
持っていることで 守られているなぁと思える
持っていることで ワクワクする
持っていることで 癒される

そんな風に自分のためになるというか

持ていることで 

幸せに感じてられているか ですね

家の収納には限りがあるので
「量」にも ときめくか

ここでも!

この量で、安心、ワクワク、癒されるか
この量って幸せを感じられる量か?

そうなんです

ときめき片づけは 片づけ方ではなく
自分の感覚を磨く作業です☆彡

皆様な片づけ祭り応援しています。

こんまり流片づけレッスン片コンハンナ

Follow me!

関連記事

  1. こんまり流片づけレッスン片コンハンナ
  2. こんまり流片づけレッスン片コンハンナ
  3. 片付けレッスン-【ハンナリ】-menu-&-料金表.

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。