メモの魔力 片コンハンナ

【理想の暮らし】は『メモの魔力』をかりて☆彡 | 片コンハンナ

ママのための片づけレッスン【ハンナリ】のハンナです

 

私は本も映画も 何回も見るのが好きです

今、また読んでいるのは『メモの魔力』

メモの魔力 片コンハンナ

「これは知ってほしい!」っという願いも込めて

片づけお茶会の時は特に 持ち歩いています

 

片づけお茶会にピッタリの『メモ魔』

片づけお茶会では 片づけ方のお話をするのではなく
状況やお困りのこと、今後の展望などをお伺いしています

もちろん「片づけ方」も聞いてくだされば
紙とペンを持ってしゃべりだしますが(#^^#)

関連過去ブログ:『片づけお茶会でお話していること』

片づけると どんなイ~コトがありそうか

理想の暮らしを共有させていただくことで

ワクワク片づけに取りかかれるといいなぁと思ってお伺いしています

 

【理想の暮らし】って難しい?!

【理想の暮らし】が定まらないと 
ときめき片づけは始められません

逆説的に
片づけを通して【理想の暮らし】が定まるのでは?

っということも なくはないですが

この場合
もともと『ときめくモノ』がわかってる人
または
やってみると『ときめくモノ』がわかった人

かと思います

 

【理想の暮らし】もあいまいで
『ときめき』感度も高くないのであれば

これまでの片づけと同じ道をたどります。

 

出したはいいけど、少し減って元の場所に戻る

 

です。。

 

【理想の暮らし】は遠すぎて思いつかない!

とにかく、部屋を綺麗にしたい!

部屋がきれいになりさえすればなんでもできそう!

いつでも友達を呼べる部屋にしたい!

その気持ちもOKです!

でもこれでは【理想の暮らし】という
ゴールにはなっていません
【理想の暮らし(案
)】 の導入地点です!

 

ちょっとブレイク!『メモの魔力』の話

『メモの魔力』という本をご存知でしょうか
著者は SHOWROOM創業者 前田裕二さんです
 
著書内に前田式「自己分析ノート」という表記もありますが

自分の感じたことや考えたことから
→どんなことが言えるのか?
 ということは、こうも言えるんじゃないか?
→だとしたら、どんなことができるのか?

っと、考えを深めていって
自分に落とし込んでいく方法を教えてくれる本です

この『メモ魔』が、どう
ときめき片づけのお茶会に関係してくるかというと。。

【理想の暮らし】を創造できる『メモ魔』

この『メモの魔力』に沿って 少し進めてみます!

 

いつでも友達を呼べる家にしたい

どんなことが言えるのか(抽象化)

 →→話すのが好き
   友達にゆっくりくつろいでほしい
   おもてなしのできる人になりたい
   みんなが集う場所にしたい

 

ということは、こうも言えるんじゃないか?(これも抽象化)

  →→友達と過ごす時間を大切に思っている
    外で会うばかりではなく今より親しくなりたい
    友達だけではなく家族も自分もくつろげる場所にしたい
    みんなが幸せだと自分も嬉しい

   
だとしたら、どんなことができるのか?(転用)

  →→友達も家族も自分も もてなせる家にする 
    必要なモノがサッと出てくるようにする
    好きなモノに囲まれた部屋にする
    

 

なんとなく、ご理解いただけましたでしょうか?

いつでも友達を呼べる家にしたい

っというワードの中にも 皆様それぞれの
抽象化があり転用へと発展していくわけです
  

1つのワードでここまで言葉が出てくると
【理想の暮らし】が定められそうな気がしませんか?

 

なぜ?を繰り返すと「幸せ」が出てくる

『人生がときめく片づけの魔法』では
なぜ?を繰り返していくと 
自分の「幸せ」にたどり着くというカタチで
【理想の暮らし】の定め方 を提示していましたね

『メモの魔力』では自分が自分に
いろんな質問を投げかけることになるので

沢山の可能性が書き出されます

 

そこから
「どうやら。これが私の理想の暮らしみたい。」

っていうのが見つかったら☆彡

その理想の暮らしに必要な
ときめくモノだけを残してみてください

 

 

理想の暮らしは手に入ります☆彡

 

こんまり流片づけレッスン片コンハンナ

Follow me!

関連記事

  1. こんまり流片づけレッスン片コンハンナ
  2. マリアチュ広報室ハンナリ
  3. 片コンハンナ ダイエット

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。